女形 市川染五郎伝授!ゴツゴツした男でも女らしく見える方法とは?

女装オナニーの気持ちいい方法 刺激的で変態的な最高の快感のコツ

女形 市川染五郎 直伝!ゴツゴツした男でも女らしく見える方法とは?

 

女形 市川染五郎伝授!ゴツゴツした男でも女らしく見える方法とは?

9月のシルバーウィーク…せっかくの連休なのに台風でしたね。

ボクは、台風ってことで、引きこもっていました。

その時にやることがなくて、録りためていたテレビ番組をイッキ見していました。

 

その中で、市川染五郎さんがゲスト出演している番組があって、見ていたら女装にも使える!っていうお話をされていたので、この記事でシェアします。

ちなみに、この市川染五郎さんは、歌舞伎役者で女形(女方)をつとめることもある役者さんです。

男なのに女性の役をする!っていうことで女性らしい動きを研究しているので、女性らしく動くコツとか、女性らしく見えるコツについて、番組内で話されていました。

 

その中で、「なるほど!」っと思った女性らしく見えるコツがあったので、ご紹介!

 

女性らしく見せるためのポイントは「肩甲骨」にあった!

女性らしく見える肩甲骨の寄せ方

  1. 肩甲骨を斜め下方向にグッと寄せる
  2. 肩を落とす
  3. 手は段々に重ねる感じで斜めの体勢で首を傾げる

 

この3つのポイントを意識して、動くとあら不思議!

女性らしくなります。

これ、実際にやってみてください。

 

肩幅を狭く見せる肩の使い方

肩甲骨を斜め下方向に寄せて、肩を落とすと、肩幅が狭くなったように見えます。

肩幅が狭くなる!っていうことは、より女性らしくなる!っていうことです。

さらに、この状態で、斜め体勢を意識して、首をかしげる(頭を軽く横にする感じ)と女子力がアップします。

こんな感じで鏡の前でやってみると、やわらかい女性的な動き、姿勢になりました。

 

鏡の前で行う女装オナニーや、自画撮り女装オナニーの時に、この動きを意識してみてください。

普段よりも女性らしく見え、興奮度がアップします。

 

手と指の使い方も重要なポイント!

段違いに指を重ねる

この画像のように、指を段違いに重ねていって…

 

卵を持つように手を曲げる

そして、卵を優しく持つように、手の平をこんな感じで曲げます。

すると女性らしい手の仕草ができます。

さらに親指を隠すように、折りたたむとグッド♪

 

こうすると、手のひら全体の印象が柔らかくなって、手も普段より小さく見えるんです。

この手を口元に持っていくとグンっと女性らしくなります。

…っと書いていて、説明しずらいんですが、とにかく、手と指の使い方に気を使うと女性らしくなる!っていうことです(笑)

この手と指の使い方は、色々と研究するとより女性らしい仕草になります。

 

ゴツゴツした男でも女らしく見える方法のまとめ

色気のあるランジェリー姿のお姉さん

鏡の前に立って女装オナニーする時や、女装姿を撮影する時なんかには、この女性らしく見える仕草はかなり使えます。

鏡やカメラに対して斜めの位置取りを意識するのも大事です。

また、歌舞伎界の女形から学ぶ女性らしく見える方法は、これからも研究していこうと思います。

 

引き続き、情報収集していくので、女性らしく見えるノウハウがたまってきたら、またこのページで情報を追加していこうと思います。

それでは、いい女装オナニーライフを(^O^)/

 

タグ :

かわいく女装する方法・美人になるコツ

この記事に関連する記事一覧